GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  2008年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ああ、三島のウナギは本当に美味いなあチクショウ

桜屋の開店時間になったので店の前に戻ったらすんげえ人だかりが出来てて焦りましたが、
二番目の予約ということで悠々と入店そして注文。

うなぎハムにうな重。


全く聞き覚えの無いうなぎハムでしたが、聞いてみればうなぎの燻製とのこと。
うな重だけでは寂しいし、珍しいものは食っておきてえということで注文。

メインであるうな重はうなぎ2枚乗せで。
3枚というのも考えたのですが、美味しいと感じつつ食えるのは2枚ぐらいが限度であろうと。

で、うなぎハムですが、想像を遥かに超えるぐらい美味く、そして困った。
味としては白焼きを燻製にしたような味ですが、旨味が凝縮されてる感じ。
薬味の粒マスタードとの相性もこの上ないほど抜群でしたし、注文は大正解。
うな重までの繋ぎと考えていましたが、繋ぎと断じるには惜しすぎる。

何が困ったかといえば、無性に酒が欲しくなるから。
帰路だったらばいくらでも酒を飲むところですが、これからまだまだ散策を続けようという時に
酒を食らうというのは流石になあ……。
ああ、しかし残酷です、残酷すぎます。こんな酒に合いそうな物なのに……。

そしてメインのうな重は流石と言うべきか美味い。実に美味い。
焼き加減も良いし、タレも濃すぎず薄すぎず、脂もよく乗ってるし身も美味い。
ちょっと硬めに炊かれたご飯との相性も素晴らしいし、2600円という値段相応。

美味いうなぎといえば、地元の『はま吉』という店が一番に浮かびますが、
そこに勝るとも劣らぬレベル。

味も良かったですが、他の客と一席空けて座らせるという心遣いが地味に嬉しく。
特に1人で訪れた身としては。
普通の店だったら詰められるだけ詰めるところだと思いますが、流石は老舗か。

次に三島に行った時はまた別の、もう少しマイナーな店にも行ってみたいところ。


愛知 うなぎ割烹「一愼」鰻のひつまぶし(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2008-5.html#080525より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2008/12/27 15:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。