GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  2009年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビール傾倒の原点

昨日は、恵比寿ガーデンプレイスで開催されてた地ビールの祭典ビアフェス2009に行ってました。
相変わらず、ビール好きに取ってはパラダイスТシャツを着て行きたくなるような
イベントでありましたが、取り急ぎ写真だけ貼っておく。

というか、全般的に写真だけで、一部のみコメントしておくとす。
全部になんかコメントしたら死ぬ。それ以前に酔っ払って殆ど覚えてねえ。

ちなみに、写真撮ったところは全て最低1杯は飲んでみたので、最低でも50杯×50ml以上
大雑把に計算して3リットル前後飲んでたということであり、そりゃ完全泥酔するわ。
ま、美味い酒飲んで酔っ払わない馬鹿も無し、だ。

去年のビアフェスについては過去ログを参照のこと。ブログ版もあるので、お好みの方をどぞー。







この丹沢のしずく、蜂蜜入りビールとアルコール度数高めの2種がありましたが、どちらも
大変俺好みの味であり、フツーにどれも買ってみたいと思わされた。









インディアペールエール! 今まで自覚してこなかった味わいに俺たちは惚れ込んだ!
IPAと略され、会場でも色々なところで目にした種類のビールですが、起源はインドがイギリスの
植民地だった頃、船での長期輸送に耐えうるよう、ホップや麦芽の量を増やしまくったもの。

その味たるや、ビールの苦味が駄目な人は当然のことながら、ある程度ビールに慣れてる人も
かなり厳しいんじゃあないかってぐらいに苦い。
もちろん、独特の美味さもあるのですが、苦味の勝ちっぷりは凄まじい。









右の写真にある札幌手づくり麦酒というメーカーのIPAは昨日で一番印象的。
強まった苦味が特徴のIPAですが、ここのIPAの苦さはハンパじゃない。
少なくとも、俺が昨日飲んだIPAの中では群を抜いて苦かった。
人が苦味で妊娠できるという設定だったら、俺は間違いなく複数人身篭ってるわ。
苦味だけを凝縮したらこんな味になるんじゃないか、ってくらいに。

でも、この苦味ってば妙にクセになってしまう魅力を秘めてるのもまた事実。
ジョッキでグイグイ飲みたくなるような味ではない、っていうかそんな風に飲みたくねえけど
普通のビールの合間合間にインターバル的・リセット的にちょっと飲みたくなるタイプ。
ふむ、今後ビールを買うときのちょっとした指針になるかも分からんね。

















今回の変態ビール№1


メーカーは栃木マイクロブルワリーというところ。

「これが栃木の味だ!」と自信満々に言っておきつつ「まずかったら ごめんねー ごめんねー」
予防線を真ん前に張ってるという、強気にネガティブなキャッチコピーが目を引きます。

そんなものを見せられて素通りできるはずも無く、両方とも試飲。うん、商品名まんまの味だわ。
これは自分で飲むより、誰かに飲ませて感想を聞きたいタイプだわ。
んー、そういうのもアリかもなあ、変態的なビールを持ち寄っての品評会めいたものって。


生まれて初めて見たビールグラス洗浄機


散々使用したビールグラスが瞬く間に綺麗にされていく図は結構な見ものかと。
家庭や小さい店で導入するには大袈裟すぎますが、デカいビアホールなんかにはいいアイテムかも。
洗ってるところを見せるだけでそれなりのパフォーマンスになりそうだ。

















ここのダブルエールも前述の手づくりのアレには及ばないながらも鮮烈で美味かったなあ。
これが最後の一杯になりましたが、それぐらいになるとIPAが美味いと感じるようになってる不思議。
俺の舌……IPAに躾けられちゃってるようっ!




会場内で販売していた食い物たち。






大体500円前後(上は800円?と、量の割には少なめですが、酔っ払いには関係ねえ!
食いたいと思ったものがあり、財布に金があるなら手を出せばいいんだよ!
ああ、ここの生ハムは目の前で切り出すタイプということもあってか、結構美味かったです。
去年の横浜大桟橋でやってた時は、もっと屋台屋台してたので、この変化にはちょっと戸惑った。


閉会後、もう1人の友人と合流して御徒町で酒宴。


……のつもりだったのですが、俺は酔っ払いすぎてて殆どダウン状態。
パブめいた良い店だったのですが、酒を一滴も飲めずに終わってしまったわ。
考えてみればここ数年で初めてじゃなかろうか、酒を飲める店で酒を飲まなかったのなんて。
同席した友人たちには悪いことしたなあ。いずれまたリベンジしたいところ。


前回は横浜大桟橋、今回は恵比寿ガーデンプレイスだったわけですが、大桟橋会場が
結構な広さだったので、ガーデンプレイスの狭さにはちょいと閉口してしまったわ。

人でごった返すってのは、活気が目に見えて面白くもあるのですが、会場内の移動が
ままならなかったり、並ぶにも並べなかったりするのがネックなのよね。
もう少し広い会場が用意できれば完璧なのですが、はてさて。
来月には大阪、9月には横浜でまた開催されますが、横浜には絶対にまた参加するわー。

関連リンク
網走ビール 発泡酒6本セット(Amazon)
限定ビール『スワンレイクIPA』330ml×6本セット(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-6.html#090604より抜粋
[ 2009/12/25 14:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。