GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  ふわふわ蕎麦(タイム)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふわふわ蕎麦(タイム)

土曜日は友人共と宴に興じていたのですが、舞台は東横線沿いの大倉山という
場所で、店は『蕎麦バー かつのや』というトコロ。


大倉山に引っ越した方のお招きだったのですが、その人も未踏ということで一種の
博打だったのですが、思った以上に満足度の高い店で一同満面の笑み。
値段は安くは無いですが、高いというほどでもありませんし、満足度を考えると
十分すぎるものがあったかと。
やはり美味い物を食うってのは幸せになれるステキな行為ですな。


内容としましては、店の名前が示すとおりに蕎麦がメインの料理が大半。
そうでもないメニューも当然ありましたが、折角だから蕎麦メインで行こう、絶対にだ。
というコンセプトの元、蕎麦系のメニューばかりを頼んでみたり。

蕎麦入りの出汁巻き卵、蕎麦入りのシーザーサラダ、蕎麦掻、蕎麦の春巻き、揚げ蕎麦の
とろろがけ、蕎麦味噌のもろきゅう、そして最後の〆にかき玉蕎麦と最初から最後まで
クライマックスなラインナップで攻めてみましたが、どれもこれも堪らぬほど美味く、
驚きに満ちたシロモノばかり。

出汁巻き卵には茹でた蕎麦と紫蘇が真ん中に包まれていましたが、出汁の効いた卵と
淡白な蕎麦が実にマッチしており、紫蘇の葉がい~いアクセントになっていました。

蕎麦入りのシーザーサラダは揚げた蕎麦がトッピングになっているサラダでしたが
ドレッシングの中を泳がせたかのごとき濃厚なシーザーサラダに対して、揚げた蕎麦が
実に良い緩衝材になっていて、気が付いたら全部平らげていたり。

蕎麦の春巻きは中に蕎麦が入っているだけでなく、恐らくは皮も蕎麦粉製。
味わいがフツーの皮とは明らかに違ったのですが、これがまた香ばしくて美味いこと。
惜しむらくは量が少なかったことですが、それを上回る満足度。

もろきゅうは一見何の変哲も無いモノだったのですが、よくよく見たら味噌に蕎麦の実が
混ぜ込んであり、普通の味噌とは一線を画す爽やかな味わいであり、胡瓜が無くなった後も
その味噌を肴に酒が飲める実に良き一品でありました。


そして最後を締め括るはかき玉蕎麦。


てっきり掻揚げ系統かと思ったのですが、こっちのかき玉だったのですな。
ちょいと意表を突かれましたが、濃厚なあんかけ風の出汁に、ふわふわの卵が蕎麦に絡んで
口に入ってくる時の口福感ってのはなんと表現していいか分からないですな。

卵や出汁のおかげでボリュームもありましたし、あんかけっぽい形状のおかげで
最後まで熱いまま食えましたし、この選択は正解だったとしか。
他の方々が食っていた天ざるも天ぷらが揚げ立てかつ量も結構あり、そそられましたが。

そんな感じで2時間に渡る宴は全員の笑顔で完了!
2時間勝負は俺達ズリ舎弟の絆を更に固めたぜ!

家庭用麺打セットA そば・うどん麺打入門DVD付(Amazon)
安曇野から信州の生そば4人前を打ったその日に発送(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-3.html#070326より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2009/05/13 05:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
No title
ちなみに大倉山は「夏のあらし!」の舞台でもありんす
[ 2009/05/23 23:36 ] [ 編集 ]
Re
ほほう、あそこもいわゆる聖地なのでありましたか。
それはちょいと意外な事実です。
[ 2009/06/30 04:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。