GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  メイク・ザ・納豆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メイク・ザ・納豆

てなわけで、前にもやりましたが納豆をまた作ってみたわけで。


前に作った時は材料は普通の大豆、市販納豆、ヨーグルトメーカーを用いて
作ってみましたが、今回は納豆用大豆、納豆菌、発泡スチロール箱(発酵用)で
体制を改めて挑戦してみた次第で。

作り方は基本的に前と全然変わらず。
軽く製法を書いておくので気が向いた納豆フェチであり粘り好きであり
そーいう趣向のアダルトビデオってあるのかしらな人は挑戦すると少し幸せかも。
詳細は納豆、作り方あたりでぐぐると更に確実であり安心の結果が。


・大豆250gを軽く洗って一晩水に漬ける(半日くらいならベスト)
 この時、大豆の3倍くらいの水を入れておくといい感じかしら。

・一晩経ったら水を一回捨てて圧力鍋に大豆と大豆の倍量くらいの水をぶち込んで
 圧力鍋で5~10分ほど煮て10~20分ほど蒸す(詳しくは鍋の取説を参照すると吉)

・圧力鍋で蒸している間に納豆菌と水(殺菌済みか湯で代用)を混ぜて溶液を作成。
 納豆菌0.1gに対して水10ml。お湯でも納豆菌は死なないし、他の雑菌死ぬから
 お湯の方が便利かもしれません。正しいから死なない。

・大豆が蒸し上がったら1粒とって指で潰してみましょう。
 ストレイツォが石を砕くシーンを想像すると分り易いかと。
 簡単に潰れれば成功であり、大豆の仕込み完了。
 ところで、圧力釜で豆を蒸すというと筒井康隆の顔面崩壊という小説を思い出して
 二の足を踏みまくるのは少数派ですか。

・蒸し上がった大豆は水を切って、熱いうちに納豆菌溶液と混ぜる。
 混ぜる時はボールかなんかに大豆をあけてしゃもじで混ぜるのが簡単で良いかと。
 ちなみに大豆が熱いぜ熱いぜ熱くて死ぬぜって時に混ぜること

・混ぜ終わったら平べったい容器に敷き詰めます。
 大豆があまり積み重ならないように注意せよせよせよせよ(三段くらいが目安)
 あまり積み重なると中の方が発酵しきらないのですよー。



・んで、敷き詰め終わったら発泡スチロール容器に熱湯(水道から出るくらいの)を
 入れたペットボトル(今回は500ml×3)を底に並べる。
 これは納豆菌の繁殖を促進する為。30~40℃で最大のパワーを発揮するので。
 ちなみにホッカイロ等で代用しても可。

・ペットボトルの上に大豆を敷き詰めた容器を設置して、その上にでも布巾を
 被せて(水蒸気が豆に落ちないように)発泡スチロール容器の蓋を閉める。
 あとは何時間に一回か、空気とペットボトル内の熱湯の入れ替えをすれば
 24時間くらいで納豆がアンモニア臭と共に誕生しているかと。
 豆の表面に白い膜が張っていれば成功とのこと。


と、なんか無駄に書き連ねてしまいましたが、こーいうのって分りやすく説明を
しようと思うと中々に大変なものですな。

細かく書けば冗長になるし、簡潔に書けば不足が出てくるし。
要点をきっちり纏めつつ過不足なく説明できる人ってのは抱かれたいくらい尊敬するわ。


んで、今回の仕上がりはこんな感じ。


温度管理に手落ちがあったので成功とはいえないかもしれませんが、どんなものかしら。

温度管理といえば、今回取った方法よりもヨーグルトメーカーの方が圧倒的に
ラクなのですが、中のほうがほとんど煮豆状態のままだったりするので、推奨不可。
少なく作る分にはベストな選択肢だと思いますが。

明日あたりに試食してみんとす。

TANICA ヨーグルティア スターターセット(Amazon)
納豆菌(3g)(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-7.html#070703より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2009/06/29 01:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。