GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  ガチムチの兄貴のいうとおり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガチムチの兄貴のいうとおり。

ちょいと前に亜寿加なる店で食ってきた排骨担々の感想ちょろっと。


絶品なので貴様は食えとのお達しを受けて行ったのですが、めっさ美味い担々麺でありました。

スープはあっさり目ですが、たっぷりの練りゴマによる味と香りが堪りませんし
ラー油もたっぷりで辛味も強烈ですが、ゴマの甘さがいい塩梅にクッションになって
抵抗なくガツガツと食えます。

麺は細めで食べやすいですが、すぐに伸びてしまうので硬めでの注文がオススメ。
細麺は硬めの方がコシも味わえていい塩梅。

メインの具である排骨は未知の領域でしたが、非常に美味い。
実も蓋もない言い方をすればトンカツじみた豚肉料理ですが、カレーっぽい味わいの
サクサク衣に包まれたロース肉は、程よい固さで肉汁もたっぷりのうま味紳士。
コクもあるし旨みもたっぷりですが、それでもあっさり目のスープと対になる
こってり系のシロモノですが、その対比がまた堪らなく旨いわけで。

正直、今の俺にはやや重たいシロモノですが、それでも全部食わずにはおれぬ味であり、
こうして書いている今もあの味を思い出して唾液腺が大変なことに。
あるよなあ、こーいう食った直後は「もういいや」と思ってもある程度時間が経過すると
物凄く食いたくなるような食い物って。
仲本のクソ辛いラーメンとかスープカレーなんかはその筆頭かも知れぬ。

排骨以外の具ですと、半切りの青梗菜が自己主張していますが、茹で過ぎない程度に
火が入ったシャキシャキ具合が実に堪りません。
スープを啜りつつ咀嚼すれば更なる旨さへと昇華されるかと。

あと、残っている限り小ライスがサービスで付いてきますが、この手のラーメンと
ご飯の相性はグンバツにも程があるので、嬉しすぎるサービス。
麺を食いご飯をかっ込み、スープを含みつつご飯をかっ込むことのなんと幸せなことか。
最近はカロリー制限の都合上、積極的には摂らない組み合わせですが、たまには良いよね!

高菜の漬物が薬味として置いてあるので、それをご飯に混ぜて食うのもまた良し。
高菜大好き野郎の俺としては高菜盛りにするぐらいぶっ込んで食うばかりですよ。

つわけで、大変に旨い店でありました。
排骨童貞の俺が排骨野郎として生まれ変わる切欠ともなりましたし、教えて下さった
ガチムチの兄貴(想像)には大感謝であり、感謝のあまりとんとろベアに変貌しそうであります。

らーめん 亜寿加
東京都渋谷区桜丘町2-11 荻野ビル1F
営業時間・11:00~23:00 定休日 日・祝日
排骨担々めん 950円


関連リンク
ユウキ食品 担々麺の素(アルミパック 70g(Amazon)
リトルガーデン・プロ 『ミニチンゲンサイ』(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-12.html#071212より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2009/09/16 23:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。