GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  抜群の安定感の栄亭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

抜群の安定感の栄亭

さて、今日のGF団は美味しい栄亭からお送りしよう!(CV・正宗一成)

結局、今年は忘年会らしい忘年会もしなかったので、最後に旨いものを食べ納めしようぜと
意気込み、かつを節と共に以前に赴いた極上の焼肉屋こと栄亭に出向いたわけで。

以前に行った時は、3時間くらい過ごして1組しか追加客がいなかったということで
経営的に大丈夫かしらと心配していたのですが、ちゃんと店は存続していましたし
店の人曰く、年末は多忙だったとのことで一安心。
昨日も俺たち以外に2組の客が来ていましたし。

さあ、注文だ!




左上から上ミスジ、ササミサルビ、カイノミ、特選ロースだ!
味わいはどれも違えども、美しく入ったサシと、焼き上げた時の肉汁と脂の旨さが絶品としか
言えない数々の肉類であり、うまい、うまいすぎる! うまいってゆえー!(CV・北都南)

おいしいよみやびちゃん! おい……グ...ズ...ギャァァァァム!

あまりの旨き肉軍団に、思わずゼロムス風の断末魔を上げざるを得なかったわけですが
相変わらずどれもこれも旨かったわー。
値段的にはヘヴィでしたが、流石は本日のお勧め品であると言えましょう。

特に旨かったのは二段目左のカイノミ。
部位的にはカルビに属するものらしく、味わいも確かにカルビっぽく。
しかし特筆すべきは味わいとか部位ではなく、その分厚さ。

以前来た時はタンの分厚さに仰天昇天したものですが、今回はMVPはまさにこれ。
1㎝以上にも及ぶ厚さは完全に常識外であり、ステーキとかトンカツでしか見たことのない
レベルであり、しっかり焼くのも中々大変でありますが、中身がちょっとだけレアっていう
焼き具合で食うのもまた絶品であり、生きている事への感謝をオリュンポスの神々に。


戦いはなおも続いた!


肉を焼くのもいいけど、たまには臓物もいいよね!
と、肉を司る神様が啓示されたのでレバ刺しとホルモンを注文。

実はこの栄亭に行く切欠となったのが、ネット上に「レバ刺しが美味しいよ! ウボァー」
というダイイングメッセージがあった事に他ならないのですが、ここのレバ刺しはガチウマ。
ガチって接頭語をつけると途端にオッス連呼な感じで雄臭いですよね。
それはさておき、レバ刺しですが、何が素晴らしいってまずはその歯応え。

まるでドラえもんに出てくるメロンを食っているかのような「サクッサクッ」とした
歯応えは新鮮さの象徴であり、その噛んだ部分から滲み出る甘さの素晴らしさと来たら、
味覚を共有できないのが悔しいほど。
レバ刺しが苦手って人もこれ食ったら世界が変貌するんじゃないかしら。沙耶の詩的に。

あと、地味ながらホルモンもすげえ旨い。
ホルモンってのは、店によっては臭みが残っていたり、その臭みを誤魔化すために
過剰に味付けをしていたりすることもある、バクチ性の高い部位ですが、この店のホルモンは
味付けも適度であり、臭みも全く無く、脂の旨さ甘さがこれでもかと味わえる一品。
白いご飯と食うのが最上ですが、酒のズリ友として食うのも素晴らしい。


さあ、最後の戦いだ!


や、右の山芋のキムチは最初の注文ですが。

最後に〆として選ばれたのはおよそ他の店では見たことも聞いたことも無い、チャンジャ茶漬け。
チャンジャそのものは酒のツマミとして昔から愛用してきましたが、それを茶漬けとな!
麻呂と化した俺は興味本位で注文してみたのですが、これがまたウメー! グ……パァー!

そりゃあもう食いつつアンデッド化しつつバックアタックしつつ「ラッシュを吸って生ける
セックスマシーン野獣(ビースト)軍団になるがいい!」 と高らかに謳い上げますよ。

何が旨いって、チャンジャがものっそいイイ出汁になってるんですよ。
最初に店の人にそう言われたときは疑問に思ったものですが、時間が経過するにつれて
味がどんどん良くなっていくわけですよ。
生臭さも一切無く、ただひたすらに美味しいダシが出ている! いや、出たがっている!
思わず最初の方に注文していたチャンジャを追加でぶち込んでしまうほどですよ。

ダシの旨さも際立っていますが、茶漬けにはあまり馴染みのない辛さもまたグッド。
茶漬けというよりはクッパとかそういったものに近くなったかも。


つわけで、実に素晴らしき食い納めでした。
会計的にはややヘヴィでしたが、予想範囲内だったので特に問題なし。
忘年会の総決算と思えば安いものだわ。

値段的には安い店とは言い難いですが、肉の質は素晴らしいの一言ですし、店の規模が
それほど大きくない為か、静かで雰囲気もイイですし、サービスも文句の付け所の無い
極上クラスの店なので、電車で30分くらいの人は行ってみると幸せになれるかもしれません。


栄亭
〒251-0043 神奈川県藤沢市本町3-1-3 湘南ビル1F
営業時間・17:00~1:00(月・火・水) 17:00~3:00(金・土・日)
定休日・毎週木曜日
予算・5000円以上あると幸せ


関連リンク
トランスフォーマー/リベンジ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray](Amazon)
チャンジャ (100g)(鱈の塩辛)(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-12.html#071230
スポンサーサイト
[ 2009/09/26 07:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。