GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  らめえ! もものドロドロが喉をぐりぐりしちゃうのお!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らめえ! もものドロドロが喉をぐりぐりしちゃうのお!

昨晩、『満寿泉・大吟醸「寿」(生酒)』『梅乃宿・あらごし もも』そしてツマミとして
白魚の塩辛を携え、かつを節んトコに乗り込んで飲んできましたよー。
結論から述べますと、どちらも途方も無く美味い! 美味すぎて限度を失念した! リキュール(笑)



満寿泉の方は多少辛口であるものの、無濾過生原酒ならではの濃厚な味わいとアルコールが鼻に
抜けた時の鮮烈さが堪りませんし、大吟醸の象徴ともいえるフルーティな香りは本当に素晴らしく
18以上の度数にも関わらず俺達の杯が乾くことは無く、怒涛の勢いで一本消費ですよ。
これが一升だったら更に際限なく飲み続け「そして!」と石川賢END(KEND)を迎えていたであろう。

いやホント、値段は結構張ったけども買ってよかった一本だわ。
ツマミとして用意した白魚の塩辛との相性も抜群でしたし。

つか、白魚の塩辛って初めて食いましたが想像以上に美味いもんですなー。
塩辛という割には甘い味付けでしたが(辛口の酒には良く合う)、生臭さは全くありませんでしたし
身もグズグスじゃなくてプチプチと噛み切れるくらい良い状態でしたし。
酒のツマミにするのも良いけど、これならばお茶漬けにしても十分すぎるほど美味いやもしれぬ。


そしてもう一本の桃の酒ですが、これは筆舌に尽くしがたいほどヘヴィすぎるぞ!


どろり濃厚という表現が的確すぎるほどの濃さ、桃そのものを飲んでいるとしか思えない味わい
酒が入ってるはずなのに意識しないと気付かないほど自己主張する桃の味………なんと素晴らしい!
そりゃあ2人して嬰児のようにはしゃぎつつ飲みまくりですよ。ぎゃおー! 飲ーんじゃうぞー!

今まで色々な果実酒を飲んできましたが、この桃酒は間違いなくウルトラC級でありマンモス美味え。
桃と酒が好きな人であれば間違いなく満足できるはず。出来なかったら俺の首をやってもいい。
ただし乳首だがな。


ひとつ欠点を挙げるとすれば、美味すぎて限度を見失うといったところでしょうか。
昨日も満寿泉を開けた後にノンストップで飲んだものだから、気が付いた時には完璧泥酔状態。
また辛口の後に飲んだから甘さが余計に際立って美味く感じたんだよなー。

あと、通常の酒のツマミ(塩辛とか燻製とか)が殆ど合わないってのも欠点といえるかも。
この酒ひとつで飲むと食うを同時にこなしてるような感じだもんなー。
味の傾向を考えるとお菓子類との相性は良いかもしないけど。


つわけで、昨日は2本が2本とも大当たりの好き酒盛りであった!
まだ富山の酒も果実酒も残ってるから、そう遠くないうちにまた盛らねばなるまいよ。

[医薬品]ハイチオールC 180T(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2008-9.html#080923より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2008/12/07 21:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。