GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  ドリームクラブに入る前に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドリームクラブに入る前に

友人宅でドリームクラブをプレイする前、クラフトビアバーで恒例の一杯を。


先週の日曜から今週の木曜までは夏季休暇に入っていたので、行こうとて行けず。
残念ではありましたが、一関でアルコールを摂取しまくってしまってたのである意味助かったとも。
そいえば、一関のイベントでは偶然にもここのマスターと遭遇するという珍事が。
行くとは聞いていたけど、あの混み合った会場でよく巡り会えたもんだ。

聞くところによると、会った日の朝方にも一ノ関駅で俺を目撃してたとか。
タイミングもすげえけど、ちゃんと発見するマスターもすげえ。流石は客商売人。

一関のイベントについては明日辺りに書く予定。写真が凄いことになっててなー。

んで、一杯目は箕面ビール桃ヴァイツェン。
ヴァイツェンと桃を組み合わせた、まったく新しいの形容が相応しいビールでしたが実に美味かった。
桃の味、ヴァイツェンの風味、それぞれがお互いの持ち味を殺すことなく共存できてるのは見事の一言。
最近、フルーツビールを見直し中、そしてヴァイツェンに目覚めつつある俺には堪らんかったわ。

そして限定メニューは煮豚ラーメン。


ここのラーメンはどれも絶品ですが、こいつはその中でも一番好みかも。
煮豚は噛み締めるほどに味が出てくる、いい塩梅の出来だし、その煮豚を作る過程で出来たであろう
スープは豚の脂がたっぷりと滲み出ててこれまた美味い。
ともすればクドいとも言えるスープでしたが、ちょっと辛めに仕上げてあるせいか問題なし。
煮豚を噛み締め、ラーメンを啜り、スープで流し込み、そしてビールを煽る……幸せだなあオイ。

そのラーメンの伴侶となったベアレンのクラシック、そして〆は志賀高原ビールのハウスIPA


クラシックは別名エキスポートラガー。
ラガーというだけあり、日本の大手メーカービールに近い味で非常に飲みやすい。
それでいてしっかり主張する苦味、そしてコクが素晴らしい一品。
ラーメンとの相性はグンバツとも言えるものであり、自信のセレクトに満足せざるをえない。

そして〆は例によってと言うべきか、ハウスIPAで。
IPAにも色々ありますが、このハウスIPAは至極マジメな味……つまりすげえ濃くて苦い。
単純なパワフルさで言えば箕面ビールのダブルIPAの方が上だと思いますが、味の面では
やや複雑さが勝ってるような感じであり、ゆっくり飲むには最高だな!

次に行くのはまた来週末だと思いますが、また俺の心のマンコが濡れるようなビールが
入荷することを祈りつつ日々を過ごしたいところ。

関連リンク
K&K霧島黒豚角煮 150g(Amazon)
【とろとろ煮豚】飯南煮太郎 3個セット★送料無料(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-8.html#090828-9より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2010/03/31 17:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。