GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  久々すぎる投稿であり、定期的更新の開始としたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々すぎる投稿であり、定期的更新の開始としたい

週のヲハリの日ということで、クラフトビアバーへ。


もはやここに通うのは習慣化したと言えましょう。週2のジムのように、日々の自慰のように。
基本的に1つの店に通うことが少ない俺にしては非常に稀有な事ですが、毎日のようにビールが変わり
限定メニューが出るとあれば話は別ということで。

んで、今日の一杯目はベアードの日本物語エール。
梅を使ったという珍しいビールであり、酸味がやや強めでモルトの味やホップの香りは軽め。
感覚的には一風変わった、けれども上質の梅サワーといった味わい。
梅とビールの融合っぷりが実に美事であり、どちらかが浮くということがないのがまた素晴らしい。
一杯目にグイっと飲むには最適クラスの一品と言えましょう。

今日の限定メニューは手羽元焼き。肉だ! 骨付き肉だ! 体力大回復だ!


キムチ系+にんにくの味が強めのタレで軽く煮込んだ手羽元をさっと焼いたシロモノ。
表面の香ばしさ、中身のジューシーさがたまらなく、濃いめ辛めのタレとの相性もグンバツ。
こりゃあビールが進まざるを得ないし、ご飯が欲しくて堪らなくなる副作用付き。
こんなご飯と一緒に食え的なものを出しておきながらご飯が無いなんてとんだサディストやで……。

あと、この部位は両端の軟骨がうめえ。コリコリしてうめーんだよ(ファントムブラッド)

2杯目は志賀高原のIPA、3杯目は常陸野ネストのジャパニーズクラシックエール。


志賀高原のIPAはどれも実に尖ってて美味いものですが、これは生ホップ版ということもあり、
いつも以上にホップの香りと苦味が先鋭的で堪らないというか、溺れたくなるくらいだわ。食神的に。

生ホップを使ったビールってのはなんというか、こう、ホップの香りとかが素晴らしいのも良いけど
独特の青臭さみたいな物が感じられるのがまた麻薬的にクセになっていけねえ。
もっと生ホップを使ったビールが各種ブルワリーから出ることを願って止みません。

ジャパニーズクラシックエールはアルコール臭が若干強めなIPA。
そして最大の特徴は杉樽仕込という点であり、今日飲んだものは一際樽の香りがムンムン。
前に通販で購入して呑んだことがありますが、ここまで樽の香りは強烈じゃなかったなあ。
樽生ゆえの香りなのか、以前飲んだ時は冷えすぎてて香りが開き切ってなかったのか不明ですが
良い物飲んだわという感想しかなく、こんなビールを夕子さんにも飲ませてやりたいよ……。

や、彼女は幽霊で実年齢は3桁行ってそうだけど、享年齢は確実に未成年だからグレーゾーン。
個人的には酒に飲まれるタイプであって欲しく、暑いから脱ぐー的なファントミングアクションを希望。
ゆ、幽霊って避妊しなくてもOKなのかしら。半人半霊が誕生するとあれば頑張らざるをえない。
むしろやるっきゃ騎士であり、AV(あぶ)ない奴らと化すしかない。

ベアレンのフェストビールライ麦ビールを購入。


ヒャッハー! 家に帰ったら早くも届いていたぜー!
フェストビールはこれと言った特徴こそ無い感じだけど、とにかく高いレベルでまとまったビール。
誰が飲んでも美味いと思える味なんじゃなかろうか。

ライ麦ビールはこの期間限定かつ日本でも珍しいビールなので思わず注文。
丁度、ちょっと前にライラガーを呑んでてライ麦を使ったビールへの興味が増しまくっていたところだし。
美味いかそうでないかは不明だけど、実に楽しみであります。

関連リンク
『黄昏乙女×アムネジア 1』(Amazon)
『岩手産若鶏手羽元 2kg』(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-10.html#091002より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2010/08/29 15:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。