GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  うおォン 俺はまるで雄豚野郎だ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うおォン 俺はまるで雄豚野郎だ

一昨日の夜はメールフォームで教えて頂いた東京トンテキでステキなメタボディナー。


渋谷っつーことで、同じくメールフォームで教えて頂いたつけ麺の『櫻坂』にでも
行こうかと思ったのですが、用事が済んだのが21時過ぎでラスタオーダーが
終わってしまっていたので、同じく行こうと思っていた東京トンテキへ。

行くのは初めての店ですが、歩道橋から何度も見ている店だと気付いたのは
公式ページの地図を見てから。
ガラス張りになってて、なんかオサレな見せっぽく思っていたのですが、実態は
メタボなんぞ知ったことか肉を食えという蛮族的な店であり、心と体は蛮族である
俺としては行っておくべき店だったわけで。

21時も過ぎているというのに、流石はヤングの街・渋谷と言うべきか、店の外に
待ち人が出来ていて一瞬引きましたが、俺とは対極に位置するグループ客であり
一人席はあっさり見つかったので待ち人を尻目に悠々と着席及び注文。


注文したのは大トンテキ単品(1000円)と目玉ガーリックライス(500円)であった。


単品ではなく定食でも頼んだほうが、リーズナブルかつカロリー的にも優しいのですが、
ステーキと言えば、アルキルスルフィド臭たっぷりのガーリックライスであると
法典でも決まっているので、カロリーの過積載だろうがなんだろうが注文する。
このトンテキにも大量のにんにくが散らさせているので、まさにダブルにんにくであり
うーん、にんにくとにんにくがダブってしまった。


でもってこのトンテキですが、その名が示すとおりに豚肉のステーキめいた物ですが
非常に柔らかく分厚い肉、熱が冷めやらぬ鉄板、ウスターソース的な味のソースなどが
スクラム組んで俺の口内を激しく蹂躙してやみません。
まるで俺の口内細胞は傭兵集団に略奪暴行輪姦焼討される農村のよう……!

つまり「ヴォーウメー!」ってことなんですが。

非常にシンプルに豚肉を味わえるんで、豚を愛してやまないポーキー野郎は是非とも
赴いた上で、その分厚さに「大きすぎてお口に入りきらないよぅ…」と喘ぎつつ貪るのが
日本の正しい蛮族なのだ。

いや実際、殆どカットしないで食ったら口の中がパンパンですよ。
その後は軟弱に細かくナイフでカットの上、お箸で美味しく頂きました。
※K(仮称)さんはお箸がとにかく好きです


ガーリックライスはまさにガーリックライスって感じの味。
これもステーキ同様に鉄板に乗って出て来るので中々冷めず、良い感じ、
大股開きでガン飛ばしつつどっしり構える目玉焼き様も、アクセントになってて良い感じ。

うむ、総じて美味い店でありました。
過剰なカロリーに恐れ戦くふにゃチンボーイorガールには少々厳しいかもですが
ご飯をおかずに肉を食うようなミーティッシュな人はとりあえず行っておくと幸せかも。

しかし流石に250gの豚肉ってのは今の俺には楽な相手じゃないわ……。
付け合せのキャベツがこれほどありがたいと思ったことはない。

東京トンテキ
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビル 2F
定休日無し・営業時間 11時~15時 18時~23時


孤独のグルメ 【新装版】(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2008-1.html#080111より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2008/12/10 11:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。