GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  イベント >  豊郷小学校を行く(2009年版)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豊郷小学校を行く(2009年版)

去年、大阪からの帰りに立ち寄った豊郷小学校の写真をベシベシと貼っておくとす。
けいおん2期も2話目が放送されたし、ちょうどいいやということで。
いやまあ、実際は選別とアップが面倒だっただけなのですが、そういう負の面には目を瞑りたい。

しかし、新たな気分で見た後に整理してみると「うん、これこれ!」な写真が色々あって面白かったわ。
面倒でもやってみる価値ってのはそれなりにあるもんだわ。

撮影は全てLUMIX GF1で。

全てはここから始まった―――!













第1話は唯が慌てて家から出て行くところがやっぱ印象強かったなあ。
黒ストを装備することにより摩擦係数が減り、容易に転倒を招くのだ。

随分と立派であった講堂。




劇中でもかなりの頻度で登場する廊下。休日とはいえ人も少なく静かこの上ない。










この学校に於いて最も印象的といえるオブジェのウサギと亀。






















寓話の『ウサギと亀』をモチーフにしたもであり、昇っていくと物語が進行しているのが面白い。
ウサギは途中で寝てしまい、亀はそれを追い抜いてゴールする。ゴールが会議室(音楽室)なのも面白い。

教室や会議室、貴賓室といった部屋の内部。








そして御馴染み過ぎる部活の場・音楽室! でも本当は会議室なんだぜ。


内部はファンによって彩られ、一種のテーマパークと化しているのがまた面白い。


















ファンの熱心さとモラル、そして学校側の粋な計らいがいい塩梅に融合した姿といえよう。
合体すればガルーダにだってなれるはず。

今だとケロが音楽室前に配置されてそう。2期が終わった辺りにまた行ってみたいなあ。







お土産の販売所にもけいおんのビッグウェーブが流れ込んでいたり。








けいおんの舞台にいる! という高揚感は凄いものがあったし、部室を覗いた時の達成感みたいなものも
また凄かったけど、そういう感覚を抜きにしても興味深いトコロだったなあ豊郷小学校。

70年以上も前の1937年(昭和12年)築の校舎でありながらも鉄筋コンクリートで作られていたり、先述の
オブジェに代表されるようにデザインが垢抜けていたりと、色々と興味深く面白いのよね。
聖地巡礼というパッションで赴き、現地でより深く調べてみると更に楽しいかも。

関連リンク
豊郷小学校 公式ホームページ
スポンサーサイト
[ 2010/10/24 23:26 ] イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。