GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  2012年10月24日(水) 孤独のグルメ第二期三話「中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯」の店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年10月24日(水) 孤独のグルメ第二期三話「中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯」の店

Amazonの電子書籍リーダー『Kindle』(日本版)取り扱い始まったー!

名前だけは随分前から聞いていたものの、スペックとか全然知らずにいた情弱野郎でありますが、これを機に
色々見てみたらかなり心惹かれるものがあって買おうかどうか真剣に悩み中。
一番高い32GBのでも2万円切るし、廉価な『Paperwhite 3G』は3G回線無料だし。

なんかこう、他のリーダーを一足飛びに追い抜いた感が凄いですが、実際どうなのかすげえ気になる。
最近、この手のガジェットめいたものを殆ど買ったり追ったりしてなかったけど、これはちょっと気にしてみるか。




2期になってますます快調めいてる孤独のグルメも今日で3話目!
今回の舞台となるのは人間火力発電所リターンズとも言える沼袋の焼肉屋・平和苑
1話、2話に続いて今回も出向いてきたんで、写真メインで感想とかお送りするですよ!
食われる牛の気持ちになるですよ……。

平和苑は前々から安くて美味くて量もあって、さらには非常に独特な雰囲気の店であると聞いていて興味が
飽和状態だったのですが、孤独のグルメで舞台となるのであればまさに好機! ということで前回の放送翌日に
即予約を取ってもらって先週土曜に行ってみた次第。

高田馬場から西武新宿線に乗り換えて数分の沼袋。そこから歩いて10分ほどで見えてきましたよ平和苑!


あまりにも年季の入った建物と「飢る噛む!」という塩分たっぷりの看板がお出迎えですよ!
写真で見たことはあったけど、ドすげえインパクトですね飢る噛む……すなわちWelcome………。

営業時間は17時からということだったので17時から予約していたのですが、既に先客が店内に。
このあたりすげえファジーなんだろうか、それとももっと早くからやっているんだろうか。
そのへんはよく分からんけど、17時になったのでそそくさと入店。

予約していたこともあってか、席には既に炭やらキャベツと特製味噌やらが。


来たらすぐ食え! 今すぐ食え! 食わねば死! と言わんばかりの臨戦態勢じゃないですか……!
しかし何を頼んだものか三すくみ状態で動けぬ煮え切らないマンの集合体であった。

建物の外観から受ける印象と変わらず、店内も実に年季挿入されまくりであり、濃厚すぎる昭和臭。
そして雑多に置かれたビールケースや樽が醸しだすアトモスフィアはご近所の家めいててステキ。

店内に貼られたシンプルなメニューや孤独のグルメに出ますよ貼り紙。


キャベツ食いつつ食い物&飲み物待ち。こーいう時にこの手の野菜類は嬉しいわよね。


味噌は辛味がちょいと効いてて非常に美味しい。このテイストは家で作ってる野菜用の味噌に取り入れたい。
たぶんコチュジャンとか混ぜ込めばそれっぽくなるんじゃないかな……。

おろしたてのワサビは今回のタイトルにもなった、わさびカルビ用!
焼肉にワサビという組み合わせが素晴らしいテイストを生み出すことは細胞単位で分かっているつもりですが
おろしたてのワサビとなると一体どれほどの旨さになるのか……この時点でもう来てよかった感が凄いことに。

ここで卵がご登場! 拍手――――!


これまたタイトルにもなった、卵かけご飯用の卵。
最初、卵かけご飯ってメニューがあるかと思ったらどこを見てもなく、おっかしいなーと思っていたら、フツーに
ご飯を頼んだ時に貰えるシステムなんですなー。これは実に嬉しいサプライズじゃないですか……!
あ、この卵は不要であれば下げてくれるんで、卵が苦手な人でも大安心でご飯を頼めるものなり。

どうしでもいいけど、水滴のついた卵って妙なセクシーさを醸し出しますよね。中身は単細胞のくせに……!


そしていよいよ始まりましたよワサビカルビ! 出てくる! 数秒焼く! ワサビ乗せる! 醤油に浸す! ンマーイ!


しっかり焼くのかと思ったら、表面に網目の焼き色がちょっと付いたらそこで焼きは終わり!
正真正銘血統書付きのレアであり、そこにワサビを乗せるとなると殆ど刺身じゃないですかやったー!

そしてこのワサビカルビの旨いこと……! ほんのり火を通したことで脂の旨味や肉の旨味が出まくりであり、
ワサビがいい感じに引き締める! まさに口福を実感する瞬間であったのですんほおおおおおっ!(アヘピ)
いや、おろしたてのワサビがひたっすら爽やかで素晴らしいのよマジで。やはりワサビはおろしたてに限る。


東京エックス豚なる豚も脂身がすこぶる美味しい豚であった。俺も幸せな豚であった。



さあさあ卵かけご飯も食べますよ! 黄身の黄色とご飯の白のコントラスト……ポエット!


卵かけご飯の作り方食い方には無数とも言えるローカルルールが存在してそうですが、俺はご飯の上で割って
醤油垂らしてちょっと混ぜて食うのが好きで堪らない軍閥。白身は適度に混ぜてすする方向で。
この卵かけご飯、卵がえらく美味くてそれだけで箸が止まらないほど。これはちょっと予想してなかった。

そしてオススメカルビ! 脂少なめよし! 肉厚めよし! 一気に火を入れる!


この辺りから店主ことオッサンがテーブルにつきっきりで肉を焼いてくれたり講釈してくれたり。
店主のキャラが強烈という話も聞いていたけど、それを肌で味わうことになろうとは。
一言で言えば「五月蝿え」 焼き方食い方に都度都度ダメ出ししてくるし、頼むものにも同じく。
焼き方もこちらの要望を聞くことなくフルスロットルのゴーイングマイウェイ。

合わない人は絶対に合わんだろうなあ――――と思ったけど、俺は全然問題なし!
向こうが何か言ってきたらこっちもそれに乗って「じゃあ美味しくしてくれよ!」とか返せばいいだけだし
それで旨いものが出来上がったり頼めたりするなら全然いいんじゃないかなーって。
店の人とのギスギスしない応酬ってのは、ある意味食う以上に楽しいことだと思うのですよ。

しかしこのオッサンの焼き方は一風変わってたなあ。
フツー、焼肉ってのは一枚一枚網に乗っけてそれぞれが育てて食うってのが相場だけど、オッサンは皿の肉を
全部網に乗っけてフライパンで炒めるように焼くのだから驚く。
その方が焼き過ぎないかも、と思ったけどそーいう風に焼くって意識がミリ単位もなかったからなあ。

そして最後にはレモンをビシャーッと。アイエエエ! レモン!? レモンナンデ!?
レモンはギルティの証! そう思っていた時期が俺にもありました……。
この店ではレモンかけてちょっと焼くからか、酸味が飛んでいーい感じになるんですわ。
タレとかマジ不要。ワザマエ!

そしてカルビをうまうまと食らったら……卵かけご飯といっしょに………でしょう?


この旨さはもはや反則的でありオーバーキルでありヤバイ級の食い物。
今度某焼肉屋に行った時。アローカナの卵かけご飯を所望してみよう………。

最初の方に頼まれたものの。結局俺が殆ど食うことになってしまったサンチュ。生ニンニクおいしいです。


店のおっちゃんいわく「こんなの頼んでないで肉食えよ肉!」(ほぼ原文ママ)
だったら置くなよ―――! でもその明け透けさはきらいじゃないよ! でも置くなよ!


三角とまる! 脂たっぷりと赤身肉の共演!


まるの赤身っぷり筋肉っぷりの噛みごたえと旨さは堪らなかったなあ。



肉ばかりでなくホルモンも食っておきたい! オッサンが食え食え言ってたホルモン盛り!


ミノ、ギアラ、シロ、テジャン、ハツ、コブクロが盛られたボリューミーな盛り合わせ!


これもまた一気に網の上にぶちまけて焼く! こんな焼き方……他の店でやったら怒られかねんなァ……と思いつつも
ぐるるるるるるるぎゅるるるるるる そーおーじゃーなーいー!(Shall we)

このホルモンたちもまた鮮度抜群でえっれえ美味かったなあ。どれも魚とか貝みてえな感じ。
特にコブクロのコリコリ感はホタテを思わせる。みく、お魚だーいすきにゃあ!

平和苑では色々と驚かされたけど、1つ肉を焼くたびに網を代えていたのは地味に驚かされたなあ。
フツーは焦げ付きがヘヴィになってから交換ってなるだろうに。
オッチャンが付きっきりだったからという可能性もあるけど、そうだったら役得だったなあ。五月蝿いけど。


干し納豆(?)にどんぶり勘定の日本酒! 十四代!


干し納豆は卵と一緒にやってきたもので、納豆のうまあじを凝縮したようなシロモノ。
10粒もあればご飯一杯食えそうなアイテム。卵との相性もバッチリ。

日本酒はその時にあるものを出してくれるけど、値段は均一。
この日は十四代があったけど、甘くて爽やかですんげえ旨い酒だったなあ。

その後出てきた酒はラベルなしの無銘酒。中身はシークレット。
どこぞの純米大吟醸っの中取りらしかったけど、結局何だったか分からずじまい。
ただ、ものすっごく飲みやすくてメシ食いつつ飲むのにすげえ適してて、後にも残らないグッドな酒であった。

この無銘酒、オッサン曰く「一升瓶で6300円な。残ったら持って帰っていいから」 嗚呼、どんぶり勘定――!
いや多分ちゃんと計算された価格なんだろうけど、こんなことする店無いからなあ。
焼肉も色々な意味ですごいけど、日本酒についても凄いんで、行った人は是非体験すべき。


最後に食った鶏肉もまた味濃くって臭みゼロで大変おいしゅうございました。


焼く前にオッサンがいきなり長ネギを網にこすりつけ始めた時は乱心したかと思ったけど。香りづけなのね。


あ、シメとしてコムタンスープも。どんぶりいっぱいに入って400円弱。うれしい。


つー感じで平和苑でした! 噂に違わぬ色々な意味ですごい店であり、身も心も大満足でしたよ!
もともと人気のある店でしたが、明日からしばらくは輪をかけて大混雑になると思うんで、再訪するのはかなり
後の話になると思いますが、ぜひまた再訪したい店でありますことよ。いつかすき焼き食いたい。

平和苑
東京都中野区沼袋3-23-2
17:00~24:00 定休日・火曜日


『孤独のグルメ DVD-BOX』(Amazon)
『消煙グリラーヘルシートーク』(Amazon)
スポンサーサイト
[ 2012/10/24 23:39 ] 日記 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。