GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  2012年12月11日(火) 孤独のグルメ第二期10話「北区十条の鯖のくんせいと甘い玉子焼」の店

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年12月11日(火) 孤独のグルメ第二期10話「北区十条の鯖のくんせいと甘い玉子焼」の店

この前の日曜日は渋谷で開催されたホップレボリューションなるイベントに参加。


簡単に言えば、主に海外のブルワリーが集結してドすげえビールを振る舞ってくれるイベント。
入場料払った後は試飲という形で飲み放題という、海外ブルワリーメインのビアフェスといったところ。

普段であれば結構な値段のするビール……というか、そもそも飲める機会自体が相当限られるビールも多くて
非常にリーズナブルであり、気を抜けば飲み過ぎて即危険な領域に突入する地獄極楽丸なイベントという印象。

だって20%近いビールがフツーにあって、普段だったらちょっとキツいかな的なビールがまるで水のよう。


具体的にはベアードのスルガベイIPAあたりがチェイサーと言われても疑問を抱かないほど。
最初に乾杯的に飲んだのが11%という時点でもう、俺の意識が陵辱されるのは必然だったのかもしれぬ。
結果的には終了時間まで朦朧としつつも参加してたわけですが。

美味しいもの珍しいものばかり、入場料も安いといえる部類、渋谷駅からのアクセスも抜群。
――と、素晴らしいの一言に尽きそうなイベントですが、会場がクラブハウスめいたトコだったのが最大のネック。
や、雰囲気はサレオツで良いと思いますし、新しい試みみたいなものが感じられるのもいいと思うのですが、
人口密度が半端ない、トイレ少ない、2~4階を使ってるから登り降りが多くてしんどい、等々の問題が。
これらは俺がブロ孤独5段くらいのワザマエであったからこそ生じた感想かもですが、ともかくそう思った次第。
一度は酒じゃなくて人に酔って外に避難するというヘタレっぷりを見せつける場面も。

とまあ、ロケーションの問題は結構キツかったけど、それ以外は素晴らしい一色。
是非また会場を変えて開催してほしいくらい。

飲んだビールなんかはそのうち気が向いたら羅列したり感想書いたりする予定ー。

『よなよなエール 350ml 3種 4缶 飲み比べお試しセット』(Amazon)




ホップ浸けになる前に腹ごしらえってことで入った『油そば 東京油組総本店渋谷組』で食った辛味噌油そば。


あまり得意でないので、普段は油そばを食うことがないのですが、辛味噌という響きに釣られてフラフラと。


味噌の風味と辛さ、どちらも結構強い主張をしていて時折咽るほど。
なるほどフツーの、いわゆるしょうゆ味系の油そばよりは抵抗無く食える感じ。それでも油辛いけど。

そこでトッピングとして備え付けている刻みタマネギの出番であり、それを入れることで食いやすさ大幅アップ。
タマネギの味に支配されるだろうけど、最初から入れてもよかったかもしれぬ。

『老舗ビアホール札幌米風亭の油そば 2食入り 2セット』(Amazon)




ホップレボリューションが終わった後、何処へ出しても恥ずかしい酔っ払いと化していましたが、いい機会とばかりに
埼京線に乗り込み、次回の孤独のグルメの舞台である十条の店へ。
ここから先はネタバレになりかねんので折り返しで。

次の孤独のグルメの舞台となるのは十条駅近くの『田や』


1人でも、複数人でも気軽に入れる居酒屋であり、地味に秋田料理が多い店であった。
孤独のグルメ探訪らしく1人での来店だったので、でっかいコの字型カウンターに座ることに。

お通しと中生! ちょっと前までしこたま飲んでいたけどキリンとかのビールは別物! 別物ですから!


いやでも実際、ホップがガンガンに効いてたり、度数が半端ないビールばかり飲んだ後にはすっごく爽やかな存在。
個性の強いクラフトビールは大好きですし、今後もガンガン飲んでくでしょうけど、やっぱりこーいったタイプの
「日本のビール」って感じのビールも絶対に手放せないなあって思うのですよ。
ほぼ全ての料理に対応できて気軽に手軽にゴクゴク飲めるってのはやっぱ素晴らしいなーって。
ここ数年間、いろいろなクラフトビールを飲んでみて辿り着いた現時点での答えのひとつって感じ。

所狭しと貼られた達筆なメニュー。こーいう光景が目の前広がる店ってそれだけでワクワクするですよね!


孤独のグルメに出るという証が! 今まで使われた店にはほぼ100%で掲示されてるような。


ビールを飲みつつ落ち着きなくメニューを見回してから注文してみたのは平貝の刺身。


最初はミル貝だかなんだかを頼もうと思ったけど、品切れだったかで注文できなかったので代替品的に。
代替品的にとはいえ、見事なサイズに加えて紐とかもちゃんと添えられてるのが嬉しくて嬉しくて。
貝といえば紐だろうが派。

見た目の綺麗さに違わず、非常にいい鮮度の平貝であり、サクサクとした食感と甘み、そしてほんのちょっとの
磯臭さがなんとも堪らない。紐のコリコリ感もまた格別であり、平貝になって良かったという気すら。

カウンター上にずらりと並ぶ酒を見てたら我慢できずに濁酒も注文。


ゴローちゃんが食す鯖の燻製も当然注文! もうひとつの卵焼きは完全に忘れていたがね!


鯖の燻製はお酒によし! ご飯によし! そのまま黙々と食うもよし! のオールラウンダーであった。
程よく脂の乗ったふわふわの身にネギを乗せて食えば更に美味しくて頭がバカになっても不思議でないほど。
シンプルではあるけど、文句なしに美味い逸品ですよコレ。ゴローちゃん絶対ご飯と一緒に食うだろうなあ……。
俺もお腹に余裕があればご飯を頼んだものを……!

くんせいの他に「みず」という山菜の煮込みを注文。確か秋田で食った「みずたたき」のみずだよなあコレ。


味自体はあまりないけど、シャキシャキヌルヌルの二重構造的食感がなんとも面白くて素晴らしい!
酒を飲みつつちまちま食うのに最適クラスの山菜じゃなかろうかコレ。

メインディッシュはしょっつる鍋! ハタハタぎっしり!


秋田に行った時に食いたかったけど食えなかったものを十条で味わうことになるなんて!


ブリコたっぷりのハタハタ美味しい! ブリコのプチプチドロドロの二重構造的食感と味も堪らない!


いやいや、どんなものかと思ったけど期待以上に美味しいじゃないですかハタハタ!
前述のようにブリコは美味しいし、頭からバリバリ食えるし。
しょっつるのちょいとクセのある風味もまた新鮮で美味しいし、この注文は当たりだったなあ。

でもこれ何人前って設定なんだろうか。
お品書きには2000円としか書いてなかったし、確認もしなかったから今なお不明だったり。
食いきった時の感覚からすると2人前くらいかなーって。1人あたりハタハタ3匹。

つわけで、孤独のグルメ10話でゴローちゃんが入る田やでした。
今までの店に続いて今回の店もまた美味しくて楽しいイイ店だったなあ。
放送直後は人でごった返すだろうから、来年に入ってからまた訪れたりしたいものですわ。

『孤独のグルメ DVD-BOX』(Amazon)
『天の橋立 はたはた油漬 105g』(Amazon)
スポンサーサイト
[ 2012/12/11 23:50 ] 日記 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。