GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  地元のフランス料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地元のフランス料理

最近の食生活を適当に書いておきます。

金曜の夜は友人宅にTH2ADを取りに行っていたのですが、その際に軽く酒宴を。
酒の肴は友人作の鰤カマの塩焼きやあさりのバター焼き、新玉ねぎのサラダに加え、スーパーで
買ってきた卯の花や刺身などの地味だけれどもこの上なく酒に合うステキアイテムばかり。

特に鰤カマと日本酒の相性たるや、今まで食ってきたものの中でも間違いなくトップランク。
あの脂と塩の味が途方も無く酒と合うんだよなあ。

んで、その際の主賓である日本酒の銘柄は友人の意向で伏せ。


とある吟醸の無濾過生原酒とのことでしたが、今まで飲んだ無濾過生原酒系の中でも一番だったかも。
力強さの中にもフルーツのような芳香を併せ持ち、かつ炭酸まで含んでる酒でしたが、味は素晴らしいし、
口当たりもまろやかで、飲み易さも半端じゃなく、2人で一升瓶の大半を飲み尽していたり。

その結果として二日酔いと化し、次の日の15時くらいまで2人で寝込んでいたわけですが。
この醜態すらも酒宴の醍醐味よ! 次はアイスワインや貴腐ワインでワイン祭りよッ!(予定)


んで、かつを節とその後輩さんと『オーギュスト』なるフランス料理屋に行ってきたり。

地元と言える近場の店で非常に行き易く、値段は手頃、量は多め、人は少なめ、味は良しの
ベストプレイスと言っても差し支えないマーベラス(非海腹的な意味で)な店でありんした。

ブレまくったクソ写真ばかりでゲンナリしましたが、比較的マシだった写真列挙しますね。










前菜主菜問わず、好きな物を4皿注文できるコース(と言っていいものか)を選択しましたが
俺が選択したのは牛、豚、合鴨、羊の最初から最後までメインディッシュというラインナップ。
ある意味冒涜的なセレクトですが、この時は肉に飢えた蛮族と化していたので、サラダやスープと
いった文明的な食い物になど目が行かなかったのです。

どれもこれもハラショー三唱したいくらいの美味き料理でありましたが、個人的にはパン粉で
包んでソテーされた豚肉が一番美味しかったわ。
肉や調理法も良かったですが、にんにくとマスタードのソースがこれまた絶品過ぎた。
そりゃ3分持たずに平らげてしまうと言うものです。

ちなみに4皿で4000円以下と、それなりにリーズナブルな価格で食えるので、全メニュー制覇を
目標に、週末辺りにでも定期的に通いたいとぼんやりと思っています。

オーギュスト
神奈川県藤沢市鵠沼橘1丁目17-11 順天ビル1F
営業時間・11:30~14:00,17:30~22:30 定休日・日曜日


フランス鴨ロース燻製 約300g(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2008-3.html#080323より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2008/12/20 21:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。