GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  甘ーいィ、頭がシビれそうじゃァ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

甘ーいィ、頭がシビれそうじゃァ

昨日の晩はかつを節んとこで晩酌大会。
先月末に奴がバースデーを迎えたので、それの祝い酒も兼ねて仕舞って置いた酒も開放。

『高砂酒蔵 一夜雫純米大吟醸』 『リースリング・アイスワイン』


一夜雫は1月の北海道旅行の際、購入していつ飲もうか画策していたのですが、丁度良いかと
思って出したのですが、大吟醸の鑑とでも言うべき味わいであり大満足。
辛口でありながら飲み口はよく、フルーティな香りも抜群、そして喉越しも爽やかでありつつ
胃の中でもう一度熱を発するような、なんだか書いててよく分からんけど絶品でありました。
どんなもんじゃーい! と勢いで買ったけれども大枚叩いて購入した甲斐はあったわ。

そして初釜であるアイスワインですが、色はほんのり琥珀さん色。


甘さが凄いことになっていると聞き及んでいましたが、ナイヤガラワインを飲んだ後なら
そんな筈は無いと思っていた酒飲みが5分後に「アンマァ~」と狂乱していた。
つか、本当に葡萄の甘さをこれでもかと凝縮したような味わい。
口に入れた瞬間に知覚できるのが甘さだけであり、しかも舌に絡みつき口内を蹂躙する
まさに甘さの触手であり、俺たちの口内は奴らの発展場ですよ。

でも、飲みやすいし味としても間違いなく美味いと言えるシロモノなので、そりゃあもう
数分で空っぽになると言うものですよ。
飲んでいる間中、\ すげえ / \ あめえ / の大連呼は当たり前でありオッスオッス。

いや、まっこと良きひと時でありました。
5月の北海道旅行の時も美味い酒やツマミをまた発見しておかないと。
あ、あと花見の時に使用したクーラーバッグは家呑みの際も大変便利でありました。

ヤングキングコミックス『朝霧の巫女』シリーズ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2008-4.html#080406より抜粋。
スポンサーサイト
[ 2009/01/04 12:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。