GF団

男根不要論を標榜したりしなかったりのブログ
GF団 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  新年酒初め

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新年酒初め

新年一発目の酒盛りをかつを節ンとこでやってきましたよー。


「私は酒で動く」を勝手に豪語している俺ゆえ、機会があればガッチリとべろべろになるまで
呑みたくなるというモノであり、今回出揃った酒もまたエクセレントな物ばかりであった。

特に、上の写真でも一際存在感のある『誠鏡 幻』息を呑むほど凄かった。
これぞ大吟醸と言わんばかりの果物にも似た爽やかかつ芳醇な香り、原酒らしい濃厚な味わい、
甘口ゆえの呑みやすさ、などなど、ここ最近呑んだ中でも間違いなくトップランクの酒。
美味い酒ってのは、本当にまだまだ沢山あるんだなあ……としみじみ思いつつ呑んだものです。

『勝駒 特吟 大吟醸』も前述の幻とは別ベクトルで美味かった。
以前、富山に行った時に買った純米吟醸の上位版ですが、やや辛口でキレが良い爽やかな味わい。
クイクイ呑むのではなく、ゆっくりじっくり楽しみたくなるタイプの酒。

『よしのとも 寿』は正月用に用意した一品ですが、まだ若い酒ということもあり
味に深みはありませんが、その分サッパリとした味わいがステキで、肉料理にも対応可能。
流石は日常のオトモアイルーを標榜する酒蔵の酒よ……。

『美丈夫ぽんかん』は、今回唯一の果実酒だったわけですが、なんというか、まんまジュース。
ただしアルコールが8%くらい入ってるレディキラーなジュース。
アルコールにあまり馴染んでない人だったら、ガチで気付かないんじゃないのかコレ。

俺たちは「これぐらいだとチェイサーにぴったりじゃのう!」と危険思想に基づいて完飲。
昨日、妙に酔いが早かったのはこれが原因なんじゃねえのかと思い始めたデスよ俺。
ああでも、果実酒としては文句なしに勧められるぐらいに美味いことは間違いありません。


酒の置き場所と今回の食い物たち。


豚の味噌漬けは頭が痺れるほど美味かったのですが、ご飯が無いのが拷問級に辛かった。
ゴローちゃんは餃子食いながら「残酷です。残酷すぎます」と言ってましたが、まさにそんな心境。
つまりマインドオブゴローであり、ある意味バッドステータス。ご飯で治癒できます。

こんなことなら、おにぎりでも作るなり買うなりして来れば良かったよ……。
前述の『よしのとも 寿』との相性が良かったのがせめてもの救いか。

もう1つの鱈のみりん干はお酒の友となることを運命付けられたかのような1品。
ハサミで適当に切ってゴムのような食感を楽しみつつ食う。
ライターで軽く炙っても良かったかもなあ。

酒盛りの際、酒が温くならないように、クーラーバッグ保冷剤を入れて利用してますが
本当にいい仕事をしてくれるわコレ。

サイズがそれほど大きくないから、入る本数には限りがありますが、それでも6本くらいは
入りますし、保冷剤も結構強まっているので、酔い潰れる位までは温くなりませんし。
酒と酒の間に小さい保冷剤を挟めばパーフェクトですが、流石にそこまでは。

つー感じで、2009年の呑み始め完了。今年も面白い酒や美味い酒が楽しめますように……。

【肉のひぐち】豚味噌漬け 130g(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090104より抜粋
スポンサーサイト
[ 2009/03/17 20:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。